【家探し編】関学生が陥りやすい家探しの失敗例 |関学スタイル
【家探し編】関学生が陥りやすい家探しの失敗例

【家探し編】関学生が陥りやすい家探しの失敗例


「住み始めてでは遅い!」家を契約する前に気をつけるべきポイントをまとめました!

私の失敗談

【家探し編】関学生が陥りやすい家探しの失敗例

こんにちは!
私は現在関学近くの物件に1人暮らししているのですが、
実は、一人暮らしをしている関学生の半分以上は、
「家探しで大きな失しているのです。」

 

私の友人たちも口をそろえてこう言います。
「学校は近くていいんだけど、駅が遠い!スーパーが遠い!足(原付等)がないと不便!」

そうです、関学は駅から少し離れた山の上にあるので、学校近くに住むと何もかもが遠いんです!
私も飲みに行った帰り等はタクシーを使って帰るほど…(財布が痛い泣)

絶対に駅近物件!!

【家探し編】関学生が陥りやすい家探しの失敗例

学校近くに住んだとしても、どこかへ移動するために自転車”なり原付”なりを購入する人が大半です。
それなら最初から駅近くに住んでおいて、学校まで自転車や原付、またはバスを利用して通う方が絶対に効率はいいのです!

駅近に住むとうるさい?

【家探し編】関学生が陥りやすい家探しの失敗例

「いいえ、そんなことはありません!」

物件にもよりますが、鉄筋コンクリートでできたアパートの場合、防音についてはさほど心配はありません。
線路の目の前等ですと窓を開けたときにうるさいと思いますが、そもそも夜はあまり走っていません(笑)
私は木造アパートに住んでいるので、隣の声は結構響きます(笑)なので、鉄筋コンクリートのアパートが羨ましい…笑

是非部屋選びの際には参考にしてくださいね♪

タグ:
友だち追加数

Facebookでコメントする