03

【メーカー編】現役4回生が考える就職活動で重要な2つのこと!


某住宅機器メーカーから内定を頂いた私が就活を通じて大切だと思った2つの事をご紹介いたします!就活に不安を感じている人の参考になれば嬉しいです。

就職活動を通じて大切だと思ったこと

01

こんにちは。関西学院大学経済学部4年生の元木誉です。

私は7月1日に某住宅機器メーカーから内定を頂き、無事就職活動を終える結果となりました。

これから就職活動を始めるみなさんへ恐縮ながら就活を通じて大切だと思った事を、2つアドバイスさせて頂きたいと思います。

1過去としっかり向き合った自己分析

03

みなさん自己分析が大切なのはご存知ですよね?

なぜ大切かというと、面接で聞かれることの殆どが、自己分析をしていれば答えられるからです。

ではどうして同じように自己分析をしている人同士で合否が分かれるのでしょうか?

顔、雰囲気、経験値。もしかしたらこれらの要素が大きく関わるのかもしれません。

しかし、私自身自己分析がある程度完成したころから、面接に落ちなくなった事実もあります。なので、少し参考にしてみてください。

まず、自分の過去にウソをつかず向き合うことから始めてください。そして今の自分の強みなど面接官に知ってもらいたい自分の特徴と、過去の経験が結びつくまで自己分析を続けてください。

この知ってもらいたい自分の特徴と過去の印象深い経験がしっかり繋がれば、面接の時にかなり強力な武器になります。

 

Qあなたの強みは何ですか?

A私の強みは、〇〇です。理由は幼少期(小学生、中学生)の頃~~~} この~~~のエピソードが強みである○○○としっかり関連していることで、自分の特徴の信ぴょう性を格段に上げられるからです。

ここの部分の自己分析に関しては周囲の人に感想を貰うなどして、とにかくブラッシュアップし続けてください。 自分の知ってもらいたい特徴が、過去としっかり結び付けられれば、自分の事について聞いてくるQに対してはどんな質問でも、論理的に自信を持って答えられると思います。

2 効率の良い企業研究

b09d1aadc5dfd69999ecc90e97e44ab1_s

みなさんは企業研究をどうしようと考えていますか?

企業の説明会に参加し、ルーズリーフやノートにメモを取る方法を選択してしまう人、してしまっている人が殆どなのではないでしょうか。しかし、各企業の人事の方も喋る事はまちまちですよね。

私は学内説明会で記録したノートを後で見返した時、まとまりがなく分かりにくい企業情報に嫌気がさしたのを覚えています。

そこで私は中盤から

 志望動機を教えてください

 なぜこの業界を志望するのですか

 なぜ、この職種を志望するのですか

 当社を知ったきっかけは何ですか

 当社の印象を教えてください

 入社後、具体的にやってみたい仕事は何ですか

 その仕事にはどんな資質、能力が求められると思いますか

 希望の配属先に行けなかったら、どうしますか

 当社の改善点、課題は何だと思いますか

 あなたが入社したら、当社にどんなメリットがありますか

(一部抜粋)

ある就活本を参考に、「面接で聞かれる質問から、企業説明会である程度答えが作れる質問をピックアップし、レジュメとして持参していました。」

結果、企業によってメモしたことにバラつきがなく、さらにあらかじめ聞かれそうな質問に対し準備ができるというメリットもありました。

(面接で聞かれる質問は、就活本で殆ど予習できる為、就活本(よく聞かれる質問をまとめたもの)をお勧めします。)

 

最後に、就活に不安を感じている人もたくさんいると思いますが、友人や先輩、さらには大学のキャリアセンターなどで今の自分の考えや状況を評価してもらい続け、自分の至らないところを少しずつ減らしていってください。

それが最終的には自信につながると思います。

友だち追加数